共栄製作所

省力化機械製造・専用機製作・治具設計

一貫生産体制の受注プロセス

1.打合せ
打合せ
まずはご一報を。。。
TEL、メール、FAX等でお問合せを頂きますと、まず話の
概略を把握する為、当社営業スタッフが訪問いたします。
お話を伺い、社に持ち帰り当社技術スタッフと企画を
練ります。
ある程度企画が出来た段階で再度詳細打ち合わせとし
て、営業スタッフ、技術スタッフで訪問いたします。
2.企画・設計・見積り・図面提出
企画・設計・見積り・図面提出
打ち合わせに基づき、設計スタッフが設計をいたします。
受注になるまでは企画設計になります。ある程度設計し
概算予算が通った所で本設計し、正確な見積りを提出し
ます。
3.部品加工
部品加工
設計図が承認されると部品図が現場に回ります。
図面を基に当社加工スタッフがフレーム、カバー、塗装、
フライス部品、旋盤部品に至るまで、自社内で加工致し
ます。図面上で不明箇所は即設計に問合せ出来る為、
外注加工と違いタイムラグが少なくなり、スピード
アップの鍵もこの辺にあります。
当然加工品の検査もこの段階で行います。
(当社は部品加工のみも承ります。お気軽に図面等
FAXして下さい。)
4.組付
組付
部品が完成すると、組付工程に入ります。
組付段階で部品の不具合、設計ミス等が仮に出ても、
その場で加工スタッフが手直し出来ます。この辺りも
当社の一貫生産の強みが発揮されています。
5.プログラム入力
プログラム入力
設計段階から部品加工と平行して当社電気設計のスタッ
フがソフトプログラムの設計と制御盤、操作盤の製作を
行っています。出来上がったソフトを機械に入力し、そ
れまで動かなかった機械に頭脳・動きをもたらします。
6.試運転
試運転
納品前に要望の動きが出来るかどうか試運転致します。
この段階になると、スタッフも安心するのですが、
やはり機械は生き物です。思うように調整できないと
当社スタッフも全員協力で納期に間に合わせる為に調
整を行います。調整が完了するとユーザー様に当社に
ご来社頂き、立会い試運転の上、指摘箇所がなければ
納品期日を決定いたします。
7.立会い・納品
立会い・納品
社長いわく、「手塩にかけた子が嫁にいくようだ」
と言う言葉の通りなんとなく寂しい気もします。
ユーザー様の下での活躍を祈ってスタッフ全員で送り
出します。当然、現地での調整も当社の仕事です。

製作事例

環境対策:廃液濃縮装置
工場で使用される水溶性の切削液の廃液を、水分と油分にわけることで従来の処理費用を削減すると共に、分けられた水は、再び切削液の溶液として利用する事を可能にした装置です。
廃液濃縮装置
▲廃液濃縮装置
廃液濃縮装置
▲廃液濃縮装置
オリジナル製品:苗植え用穴掘り機 モグ太郎
ポットに入った苗を定植するための穴をあける道具です。農家の方が殆ど持っている草刈払機に目をつけ、先端に弊社製品を付けることで穴あけ機に早変わりするものです。
これにより、穴あけ作業が従来の1/3になったとの声も多く聞かれます。北海道から沖縄県まで全国に渡った弊社アイデア商品です。
苗植え用穴掘り機 モグ太郎
▲苗植え用穴掘り機 モグ太郎
モグ太郎 使用例
▲モグ太郎 使用例